ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品紹介省エネ関連製品遮熱・断熱塗料 クールサーム P.2

遮熱・断熱塗料 クールサーム P.2

4種類のセラミック

クールサームは4種類の特殊セラミックが塗膜中に整然と並び重なることで熱放散を行い、塗膜が断熱層となり優れた断熱効果を発揮します。一般的な反射塗料は中空ガラスビースを使用しているので、反射の力しかなく、表面が汚れると効果は失せます。

  • 1種類目:可視光線(短波)を反射する。
  • 2種類目:近赤外線を反射する。
  • 3種類目:遠赤外線(長波)を放散する。
  • 4種類目:無数の細かな空間や空気断熱層を作り、熱伝導を止める。

 

優れた熱放散

特殊セラミックを手にのせて1,300℃のバーナーで焙ってもセラミック微粒子は熱を手に伝えません。また、クールサームを片面に厚く塗装した薄い金属板の先端をバーナーで焙っても反対側の手まで熱は伝わりません。NASAが開発した特殊セラミック微粒子を使用しているクールサームだから可能な性能です。

 

省エネ事例紹介:名古屋市某配送センター

1994年 瓦棒鉄板屋根「クールサーム」塗装 6,000m²

1994年にクールサームを塗装した直後は塗装前と比較して室温が6〜7℃低下し、その室温低下効果は10年経過した2004年でも同様に維持しています。塗膜の劣化もありません。

  年/月/日 天気 中2階温室 気象台発表
外気温
塗装前 1994年 7/9 37℃ 30.4℃
1994年 7/10 39℃ 33.5℃
塗装後 1994年 7/30 32℃ 32.5℃
1994年 7/30 34℃ 35℃
10年後 2004年 8/27 晴一時曇 33.8℃ 33.1℃
2004年 8/28 曇一時晴 33.5℃ 34.3℃

施工前は空調もなく風の通る窓もなく蒸し風呂のような過酷な作業環境でしたが、塗装後は快適な環境に変わり満足しています。
いまだ空調機をいれていません。(担当者談)

 

省エネ事例紹介:岐阜県某精密部品工場

2003年8月施工 施工面積 3,700m²

天井温度測定結果(外気温32℃ 晴れ)
気象条件がほぼ同じとき(外気温:32℃・天候:晴)、塗装前は50.8℃であった天井裏温度が、クールサーム塗装後は30.5℃に低下しました。

20.3℃の温度低下!

 
 

ページのトップへ戻る