ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品紹介業務用製品 オプション機材分煙システム

分煙システム

分煙システム(ウォールタイプ・カウンタータイプ)

  • 空間分離
    独立した喫煙場所を設置し、その場所以外では禁煙する方法

快適なシステム

 

健康増進法で分煙方法が変わります!

健康増進法第25条(2003年5月1日施行)により、受動喫煙を防止するために

  1. 非喫煙者へ煙が流れないように新基準が設けられました。
  2. 新たに学校、公共施設、飲食店、人が集まる施設が対象になります。

 

喫煙場所設営の基準

  1. 喫煙場所で時間平均の粉塵濃度が1m³あたり0.15mg以下に保たれていること
  2. 喫煙場所で、一酸化炭素が10ppm以下に保たれていること
  3. 非喫煙場所から喫煙場所に向かって、毎秒0.2m以上の空気の流れがあること

分煙機器
室内の煙の拡散をおさえるためには、喫煙専用の分煙機器(空気清浄機)が効果的です。
換気扇(排気口)
室内の煙や一酸化炭素などの有毒ガスを屋外に排気し、非喫煙者側に煙が流れない(毎秒0.2m以上の空気の流れをつくる)ようにするためには換気扇の設置が必要です。
非喫煙者側に煙が漏れないようにし、ドアからの空気の流れをつくるためにもパーテーションで天井まで仕切り密閉した喫煙コーナーを設置するか、もしくは、専用の喫煙ルームを設けましょう。
ドア(給気口)
毎秒0.2m以上の空気の流れをつくるには換気風量にあった給気口をもつガラリ付ドアを選定する必要があります。
 
 

ページのトップへ戻る