ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOMEエンジニアリング紹介エンジニアリング事業

エンジニアリング事業

企画コンサルティング、技術設計、制作・製造、施工、メンテナンス

わたしたちのエンジニアリング事業は、「企画コンサルティング」「技術設計」「製作・製造」「施工」「メンテナンス」までをトータルで受注し、冷熱機器に特化した技術を応用展開することで、プラント全体のエネルギー効率を最大限に高める、トータル・コーディネートが最大の特徴です。

トータル・コーディネートを支えるのは、業種・生産設備ごとに異なるオーダーを、カスタムメイドで作りあげる技術です。本来は専門機器メーカーでありながら、サブコン的な機能も有する、“ひと味違う”総合エンジニアリング企業として地歩を築いてきました。食品をはじめ最先端のIT企業まで、そのエンジニアリング技術は幅広い業種に実績を残しています。

Key Concept 自然冷媒

主な用途

モントリオール議定書による脱フロンへの流れに加え、京都議定書で採択された排出CO2規制など、地球温暖化防止への取り組みから、自然冷媒システムへの転換が進んでいます。

愛・地球博のマンモス展示に環境へのメッセージを込め、自然冷媒を提案。この、安全で効率がよく温暖化対策にすぐれたCO2/アンモニアシステムを、その後多くの業種に提供し、食品倉庫や食品物流の冷凍機では高いシェアを占めています。

Key Concept 排出CO2の再利用


CO2排出削減の取り組みが求められる現在、ビール工場やドライアイス製造で排出されるCO2を回収・再利用するために、わたしたちの技術が用いられています。

Key Concept 環境試験装置

わたしたちの冷熱テクノロジーの応用、派生から、温度、湿度のコントロールにとどまらず、日射、風、霧、人工雪、気圧などあらゆる気象条件の再現を可能にしたのが環境試験装置です。

Key Concept 工場総合熱利用




例えば、冷凍・冷蔵庫からの排熱を再利用する。例えば、夏は外気より冷たく、冬は外気より暖かい地熱を利用して冷暖房に役立てる。そんな技術を可能にするのが、ヒートポンプです。

「びっくりドンキー北海道工場」では、設備排熱とクリーンエネルギーを最大限活用。光熱費、CO2排出量とも42%の削減に成功しました。また、ヒートポンプを応用した排熱回収システム「エコ ウォーム」を製品として販売しています。

CO2/アンモニア冷媒や炭酸ガス再利用システム、そして排熱回収システムと、わたしたちの省エネ技術はプラントとの融合で、効率化と環境対応に大きな効果をあげてきました。

次なる目標は、オール電化の工場。化石燃料を使わず冷熱技術で、CO2排出量の少ないシステムを電気の力でできないか?———これが夢のオール電化の工場の考え方です。

冷熱エンジニアリングから熱ソリューション・カンパニーへ。

未来の地球を考え、環境を守るためのお手伝いをする。それが、わたしたちのエンジニアリング事業です。

ページのトップへ戻る