ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品紹介省エネ関連製品壁面緑化『ヘデラ登ハンシステム』

省エネ関連製品

壁面緑化『ヘデラ登ハンシステム』

「ヘデラ登ハンシステム」は、つる植物を用いた壁面緑化システムです。

壁面緑化工法の種類(タイプ)

壁面緑化の代表的な工法とその特徴

 

登ハンマット+金網タイプ
(ヘデラ登ハンシステム)

ワイヤー・金網タイプ

基盤造成タイプ

経済性 設置 ★★★★★ ★★★★★ ★★
管理 ★★★★★ ★★★
初期景観 ★★★ ★★★★★
将来景観 ★★★★★ ★★ ★★★★★
主な用途 省メンテナンスで全面緑化を求める場所 壁の内側への採光が必要な場所 イベントなど
主な植物 ヘデラ類、ノウゼンカズラ等の付着型つる植物。巻つる・巻ひげ型つる植物 カロライナジャスミン、フジ、スイカズラ等の巻きつる・巻きひげ型つる植物 ヘデラ類、ツルマサキ類、草花等の地被植物

つる植物を用いた壁面緑化工法の比較

金網やネットに巻きつる・巻きひげ型つる植物を登はんさせる工法

付着型つる植物を登はんさせる工法
(巻きつる・巻きひげ型つる植物も登はん)

  • なかなか覆わない(繁茂形態が疎)
  • 全面が緑にならない(下部枯上り)
  • 頻繁な剪定管理が必要(分枝促進)
  • 冬は見苦しい景観となる(落葉が主)
の実現に向けて開発・改良を重ね誕生したシステム

ヘデラ登ハンシステムの特徴

付着型つる植物の登はん形態に適した「ツルパワーパネル」登ハンマットと立体金網を一体化!

 

ヘデラとは・・・

ウコギ科の常緑つる性植物です。和名を「西洋キヅタ」、英名を「アイビー」といい、グランドカバーやガーデニングなど、日本でも幅広く利用されています。

壁面緑化による壁面の温度低減効果

パネルを設置することにより約15℃、さらにツル植物が被覆すると約25℃の温度低減!!

緑化することで外壁からの流入熱量が、鋼板露出部と比べ6割削減!
(朝8時〜夜7時)

ページのトップへ戻る