ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

冷凍機設計開発

工学部 機械システム学科出身 萩原紗萌(2009年入社)

どんな壁も乗り越えて諦めずに、実現する。

入社してからこれまで、当社の主力製品の一つ、自然冷媒冷却システムC-LTSの設計業務に携わってきました。

C-LTSは今でこそ量産されている製品ですが、関わった当初は開発要素も多く残っていた時期でした。

そのため、当時は研究開発業務と、実用機に仕上げていく設計業務の二つを経験しました。

振り返ってみると、このときの経験が大きな糧となっています。

特に入社2年目に、初めて一人で出荷までの一連の仕事を任されたときのことは今でも覚えています。

聞き慣れない専門用語や触ったこともない機器が多い中で図面を作り続ける日々。

一難去ってまた一難を乗り越えた末にユニットを完成させました。

考え抜いた図面が製品として形になったときのあの達成感は忘れられませんね。

その経験をしたからこそ、工期やコストなどいろいろな制約があったとしても諦めない姿勢を今も大切にしています。

現在、冷熱製品全般を担当していますが、未経験の製品でも積極的にチャレンジして、どんなご要望も実現できる設計者を目指していきます。

Q&A

学生時代の専攻・研究テーマは?
工学部機械システム学科の熱エネルギー研究室で着霜を研究していました。
入社して気付いた会社の特徴・魅力は?
現場に行って、工具を手に作業することも多く、計画した物が実現される姿を見られるのが魅力だと思います。
この職種に向いている人ってどんな人?
達成感を求めて、計画的にやり遂げていける人。
オフの日の過ごし方は?
大掃除をしてスッキリしたり、南の島に旅行に出かけるのが好きです。
学生の皆さんにメッセージを!
責任やプレッシャーを感じることもありますが、周囲には頼りになる人たちがたくさんいます。 ぜひ一緒に働きましょう!

INTERVIEW その他の社員インタビュー