ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

特約店向け営業

教育学部出身 中塚悠介(2008年入社)

製品知識を深め、ニーズをつかみ、 信頼される営業担当に

空調機器は、オフィスやお店、家など、どこにでもある当たり前の物。

それは言い換えるなら、私たちの暮らしには欠かせない物だということです。

生活に身近な製品を世に出す仕事を通じて人の役に立ちたい。

これが私の三菱重工冷熱を選んだ理由です。

入社後、さまざまな製品部門の営業経験を経て、現在は特約店様向けに営業活動をしています。

営業の仕事で最も大切なのはお客様のご要望を叶えること。

そのために日々製品知識を深めていくことが求められます。

製品に精通しておかなければ最適なご提案はできませんから。

そのために技術資料を読んだり、現場の据え付け作業を観察して情報をキャッチしています。

そして、もう一つ、お客様との会話から感度高くお客様のニーズを捉えることも必要です。

そうした積み重ねの末、お客様から感謝されたときはやりがいを感じますね。

「中塚さんに相談して良かったよ」と言われるくらいに信頼される営業担当を目指して、お客様のご要望に応え続けていきます。

Q&A

学生時代の専攻・研究テーマは?
教育学部の専攻は保健体育領域。一時は教員を目指していました。
入社して気付いた会社の特徴・魅力は?
コミュニケーションを十分に取れる風通しの良い職場であり、組織力が強い点が特徴です。
この職種に向いている人ってどんな人?
積極的で行動力のある人、また、柔軟な対応ができる人。
オフの日の過ごし方は?
子供と一緒にサッカーを楽しんでいます。
学生の皆さんにメッセージを!
空調機器は住宅、店舗、工場など、社会の中で欠かせない存在です。 その流通に携われる仕事であり、人の役に立てる、非常にやりがいがある仕事だと思います。

INTERVIEW その他の社員インタビュー