ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

大型冷凍機の保守・メンテナンス

ものづくり工学科 航空宇宙工学コース出身 稲村規宏(2016年入社)

信頼される技術者を目指して、 一つ一つの作業から学びを得る

2016年に入社以来、サービス技術課にて大型冷凍機の保守・メンテナンス業務に従事しています。

主な業務は定期整備と巡回点検、そしてオーバーホールです。

いずれの業務も確かな技術と知識・経験が必要とされます。

定期整備時の部品交換の際には、工具が通りづらい奥まった場所で、作業をするケースも少なくありません。

どうすれば効率的に仕上げられるのか、その判断を下すときに過去の経験が活きてきます。

巡回点検時でも、目視で不具合を見つける場合もあり、十分な知識が求められます。

こうした一つ一つの作業から学びを得るように日々心掛けています。

事務所よりも現場での作業がほとんどであるサービスエンジニアの仕事。

非常に緊張感のある仕事だと私は思います。

現場を見て、その都度作業のペース配分を考えながら、工期までに必ずメンテナンスを仕上げる。

機械は待ってくれませんから、やり遂げなければならないプレッシャーはあるものの、やりがいも感じます。

今後も自己研鑽を重ねて、社内外で頼られる技術者になりたいと思います。

Q&A

学生時代の専攻・研究テーマは?
ものづくり工学科航空宇宙工学コースを専攻。 垂直型風力発電器の翼型について研究していました。
入社して気付いた会社の特徴・魅力は?
技術的に厳しい面もありますがその分やりがいもあり、何よりも社内の雰囲気が良いのが魅力だと思います。
この職種に向いている人ってどんな人?
一歩引いて周りを見ることができる人。縁の下の力持ちタイプ。
オフの日の過ごし方は?
友人、彼女としょっちゅう飲みに行っています。
学生の皆さんにメッセージを!
とにかく規模の大きな仕事です。技術と知識が必要ですが、その分達成感があります。 ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

INTERVIEW その他の社員インタビュー