ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

ピークカット散水装置

室外機の高圧カット防止・高圧圧力運転を避けることによりエアコンの省電力を図ります

冷房運転時、室外機熱交換器に散水することによりエアコンの省電力を計り、電気料金の低減を図ります。

高外気温時の運転やショートサーキットによる高圧カットを解消します。

室外ユニットの上面に散水装置本体を取付け、これに給水することにより電磁弁を経由してノズルで室外機交換器の吸込側に広く噴霧散水するもので、外気温度により自動制御散水をし、運転高圧圧力を下げます。
尚これは冷房運転時のみご利用いただくものです。

散水効果

散水装置の特長

  1. 冷房消費電力が約10%低減
  2. 冷房能力が約5%向上
  3. 暑い夏でも楽々運転
  4. 付属品をセットにして取付簡単
  5. 設定温度で自動散水
  6. 外気温度35℃〜40℃にて50%散水、25%散水、散水なしの設定が可能
  7. 外気温度40℃〜にて100%散水、75%散水、50%散水の設定が可能
  8. エアコンの心臓部であるコンプレッサの寿命延長

弊社では、当該オプションの他さまざまなオプションをご用意しております。

詳細については機材カタログを参照下さい。

お客様サポート

法人のお客様