ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME製品紹介大型冷凍機事業大型冷凍機サービスのご紹介

大型冷凍機サービスのご紹介

確かな技術で快適な環境づくり

メンテナンスのご提案

お客様の使用状況を確認し、最適なメンテナンスをご提案させていただいております。

また、運用後は機器コンディションに応じた定期メンテナンスやご使用状況に適した省エネ提案をさせていただき、長く安心・快適にご使用いただけるよう日々努めております。

 

サービス内容

大型冷凍機事業のサービス内容についてご紹介します。

据付・スタートアップ

冷凍機据付及びスタートアップを行ない、保安装置の作動確認やシーケンスチェック、その他試運転確認し、冷凍機が正常に運転出来ることを確認。スタートアップ完了後は、取扱説明をしています。

 

メンテナンス

日々安心・快適にご使用いただけるよう、季節の変わり目にはシーズンオフ・イン整備や運用最盛期に行う巡回点検を実施。また、法定点検や熱交換器内のチューブ洗浄、電動機、制御盤の点検などを行い、運用におけるご提案もさせていただきます。

オーバーホール(全分解整備)

メンテナンスでは、ポンプや電動機、圧縮機などのガスケットやベアリンングなどは交換しませんが、これら部品も、時間・年数の経過により損耗劣化しますので、定期交換が必要となり、機器コンディションに応じてオーバーホールをご提案いたします。

高圧冷媒を使用したターボ冷凍機の圧縮機は、当社工場(大和事業所)を含めた三菱重工サーマルシステムズの認定工場(全国6拠点)にて、圧縮機整備のエキスパートがオーバーホールを行っています。

 

技術支援

お客様開催の保安教育等の勉強会で、冷凍機の基礎知識や高圧ガス保安法における注意ポイントなどの技術支援(現地出張可)をいたします。

緊急対応

緊急停止などの不測の事態においては、専門の技術者を派遣させ、原因究明と早急な運用復旧に努めています。

大和事業所/認定工場

当社大和事業所には、三菱重工サーマルシステムズより認定を受けている認定工場と大型冷凍機のサービス技術者育成のためのトレーニングセンターがあります。

認定工場

三菱重工サーマルシステムズより認定を受けている、ターボ冷凍機圧縮機分解点検整備専用工場です。
圧縮機を長期間運転するには、高速回転する回転体のシール部分の劣化や軸受の摩耗などを考慮した周期で計画的に分解整備を行う必要があり、また、組立には熟練の技術と精密さが必要であるため、工場整備を原則としております。分解整備により機器の安定運転や耐用年数が延長され、お客さまの課題にお応えしています。(10tonクレーン1基、5tonクレーン4基、大小バランサー各1基、圧縮機分解整備レーン6レーンを有し、最大24台/月の整備能力を有しています。)

 

トレーニングセンター

お客様のターボ冷凍機を安心・安全かつ効率的な設備運用に貢献するための優秀な技術者の教育を目的とした設備です。トレーニングセンターには、三菱重工ターボ冷凍機(250USRt)を中核として冷却塔、ポンプ、配管などの冷却水・冷水系統および電気設備を設置。さまざまなトレーニングプログラムにより、実践的な技術研修を受けることができます。据付・試運転、保守整備、分解整備、法定点検といったサービス技術を強化することで、技術の維持向上を図り、これからもお客様に満足いただけるサービスを提供していきます。

 
 

 

関連リンク

改良サービスメニュー(アフターサービス)

  • ターボ冷凍機メンテナンスメニューについて
    工場のプロセス用や地域冷暖房などの熱源などの用途に使われることが多いターボ冷凍機に関して、高効率の維持、メンテナンスコストの削減ならびに安定運転を支援するためのターボ冷凍機メンテナンスメニューについて紹介いたします。
     
  • 吸収冷凍機メンテナンスメニューについて

お問い合わせ窓口

メールでのお問い合わせ
 
 
ページの先頭へ
 
 
 

ページのトップへ戻る