ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

空気冷媒(N2) 大容量型
ブライン冷凍機

業界トップクラスの極低温を空気冷媒サイクルで実現! 大容量型ノンフロン自然冷媒冷凍機 N2(窒素)冷媒冷凍機

冷凍機内システムフロー図

参考系統図

外形寸法図

業界トップクラス(注)のコンパクト化を実現!
(10トン低床トラックにて輸送可能)

*制御盤は別置き可能

外形寸法図
  • 当社調べ

標準仕様

冷凍機型式 N80-LTS-C N110-LTS-C
冷却方式 間接ブライン方式
使用冷媒 窒素
使用温度範囲[℃](ブライン) -45〜-70 -65〜-100
冷凍能力[kW](at℃) 31.5(-70℃) 23.3(-100℃)
入力電源 主電源 3φ AC380〜440V 50/60Hz 160KVA
制御電源 3φ AC200〜220V 50/60Hz 50KVA
電動機動力[kW] 100
駆動方式 インバータ
排熱回収熱交換器 コルゲートフィン
水冷熱交換器 チューブフィン
ブラインクーラー コルゲートフィン
質量[kg] 9,000
オプション ユニット外板、屋外対応、熱交換器特殊対応、高調波対策、耐塩害塗装、寒冷地対応
  • 特許取得済み

特長

1. 地球環境の保全

  • 大容量型N2(窒素)冷媒冷凍機は、自然冷媒である空気冷媒 N2(窒素)を採用。
  • N2(窒素)冷媒はオゾン層破壊係数(ODP)、地球温暖化係数(GWP)“0(ゼロ)”で地球環境にやさしい冷媒です。
冷媒の種類 超低温フロン冷凍機で採用されている冷媒 自然冷媒
(空気)
HCFC冷媒 HFC冷媒
R22 高元 低元 高元 低元
R404A R23 R407H R32(注3) N2
ODP(注1)
オゾン層破壊係数
0.05 0 0 0 0 0
GWP(注2)
地球温暖化係数
1,810 3,920 14,800 1,495 675 0
高圧ガス保安法 適用 適用外
(注4)
  • 1COP:CFC冷媒(R11)のオゾン層破壊の影響を1とした時の係数。
  • 2GWP:炭酸ガスの地球温暖化への影響を1とした時の係数。IPCC第4次報告書(2007)に基づく
  • 3R32冷媒は微燃性の為、「冷媒漏洩検知警報装置」、「機械式換気装置」の設置が必要。
  • 4フロン冷媒を使用していない為、フロン排出抑制法の義務点検も不要。

2. 特許技術による業界トップの極低温

  • 空気冷媒サイクルにより、ブライン温度は-45℃〜-100℃。超低温、極低温領域の幅広い温度帯に対応可能。

3. 製品の安全性、保守の容易性

  • 大容量型空気冷媒冷凍機で使用されているN2(窒素)は空気中の78%を占めるため、地球にも人にも安全な冷媒で、安心してご利用頂けます。
  • “高圧ガス保安法適用外”のため、保守・運用が容易です。
  • フロン冷媒を使用していない為、フロン排出抑制法の義務点検も不要です。

4. 低ランニングコスト

  • 空気が膨張冷却する際のエネルギーを回収し動力利用するので、動力削減が可能。
  • インバータとの組み合わせにより、液体窒素利用や多段冷凍機以上の省エネ化
  • 磁気軸受(注)の採用により、潤滑油が不要(オイルレス)、且つ軸受寿命は半永久的
  • 磁気軸受は磁気浮遊による非接触支持の為、磨耗が無い
漏洩防止システム

5. 安定運転が可能

  • インバータ制御することで、負荷変動に追従し、安定運転が可能

6.特殊タービンを採用

  • 三菱重工のガスタービン技術を使用

用途・適応分野

  • 医療・医薬分野
    薬品製造、抗生物質生産、血液・菌株・精液・臓器保存、凍結乾燥、反応熱除去
  • ケミカル・ファインケミカル分野
    プロセスガス冷却、半導体ガス深冷液化、特殊ガス液化・精製、触媒の低温貯蔵、電子材料プロセス冷却
  • 新素材分野
    サブゼロ処理、材料の物性研究
  • 宇宙・航空分野
    宇宙機器・部品用試験装置、スペースチャンバー、航空機部品用試験装置
  • 廃棄物処理分野
    リサイクル、廃棄物の破砕
  • LN2(液体窒素)利用の代替
    既存の液体窒素を使用している各種設備の代替熱源
 

法人のお客様