ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

自然冷媒設備

ノンフロン 自然冷媒技術とは

自然界にもともと存在するアンモニア、二酸化炭素(炭酸ガス)、水、炭化水素、空気など、環境にやさしい物質を使用した冷媒のことを、自然冷媒といいます。

当社では、オゾン層破壊係数(ODP)0・温暖化係数(GWP)0〜1と、環境にやさしい自然冷媒「アンモニアNH3(R717)」と「炭酸ガスCO2(R744)」を採用した冷凍設備や冷却設備を取り扱っており、完全自然冷媒化を実現しています。地球環境の保護に大きく貢献します!

冷媒の種類 フロン系冷媒 自然冷媒
HCFC冷媒 HFC冷媒
R22 R463A R448A R410A R404A NH3 CO2
ODP(注1)
オゾン層破壊係数
0.055 0 0 0 0 0 0
GWP(注2)
地球温暖化係数
1,810 1,494 1,387 2,090 3,920 <1 1
規制スケジュール 2020年全廃 段階的な削減計画 規制なし
  • 出典:経済産業省・環境省告示第二号GWP告示、及び経済産業省告示第五十四号GWP告示による(フロン系冷媒)
  • 1COP:CFC冷媒(R11)のオゾン層破壊の影響を1とした時の係数。
  • 2GWP:炭酸ガスの地球温暖化への影響を1とした時の係数。

フロン規制について

オゾン層破壊、地球温暖化といった環境変化にフロン冷媒が影響していると考えられ、地球環境保護の観点から、フロン冷媒の規制や段階的な削減が義務化されています。

冷凍装置で長年使用されてきたCFC冷媒は1995年に全廃となり、CFCの代替として用いられてきたHFCも地球温暖化係数が高く、2019年より段階的な削減が決まっています。(現在は製造中止の時期について具体的に議論されていません。)
冷媒取扱メーカーはGWP値による生産量の規制を受けているため(総量規制)、GWP値の高い冷媒は徐々に入手が困難になってきている現状があります。

現在お使いの冷凍機も冷媒によっては使用できなくなる可能性があり、自然冷媒技術への期待はますます高まっています。

モントリオール議定書のキガリ改正によるHFC冷媒削減スケジュール

HFC削減率:2019年(第一段階)10%、2024年(第二段階)40%、2029年(第三段階)70%、2034年(第四段階)80%、2036年(最終削減)85%
■先進国のHFC段階的削減スケジュール
冷媒種 代表冷媒 国内での規制・削減スケジュール
CFC冷媒 R12等 1995年に生産中止
HCFC冷媒 R22等 2020年に実質全廃
HFC冷媒 R404A等 段階的な削減計画スケジュール化

自然冷媒を使用した冷凍・冷却設備の多彩なラインアップ

当社は、アンモニアNH3、炭酸ガスCO2を柱とした多彩な自然冷媒技術により、冷凍・冷却・凍結に関わる様々な場面で活躍する設備をご提供します。

C-LTS,C-puzzle 用途
■用途
CO2/NH3ユニット
C-LTS
  • 冷凍・冷却分野
    冷凍冷蔵倉庫、食品プラント、製氷プラント、化学プラント(C-LTSのみ)
  • 凍結分野
    食品凍結、真空乾燥凍結
CO2ユニット
C-puzzle

 

多様な製品ラインアップでお客様のニーズにお答えします。
庫内温度は、-54℃〜+10℃まで幅広い温度域でご利用いただけます。
(製品詳細は、下記ラインアップの製品名をクリックしてください)

製品名 庫内温度
-60 -50 -40 -30 -20 -10 0 +10
-45℃〜+10℃
-35℃〜+10℃
-35℃〜-5℃
-45℃〜+5℃
-54℃〜-35℃

法人のお客様